産後ママのセキララ体験記

妊婦雑誌には書いていない!?入院に持って行くおすすめグッズ



予定日はあくまで目安。早まることも十分に考えられるので臨月になると
「入院準備だけはしておくように」と、
病院から指導されている方も多いと思います。
当然必要なものは聞いているでしょうが、本当にそれだけで大丈夫?
「必要」とは言われていないけど入院中に「あったら嬉しい」モノを、
出産入院経験者の視点でご紹介します。





入院中は意外と忙しい


初めての出産では、入院中の生活も未知なるもの。
事前に病院からある程度案内されているとは思いますが、
実際に出産した後の自分の体のこと、
赤ちゃんが目の前にいることは、なかなか想像しきれないと思います。

病院によって、入院期間や入院中のスケジュールに差はありますが、
「意外と忙しい」というのが、多くの人が持つ感想です。
昼間はお見舞いの人が次々に来てくれたり、育児指導や産後ケアがあったり。
自分の食事にシャワー、赤ちゃんへの授乳・・・。

「入院中、結構ヒマなのでは?」
と思い、暇つぶしグッズを持って行っても、
おそらく使わずに終わってしまうのではないでしょうか。
入院のときは、いつやってくるかわかりません。
いざというときに、ぱっと荷物を持って行けるよう、
不必要なものは入れずにコンパクトにまとめておきましょう。




持って行って正解!入院中役に立ったおすすめアイテム


私はちょうど1年前、次女を出産。
真冬の入院でした。

私がお世話になったのは個人の産院で、病室は完全個室。
ちょっとしたホテルのように、
ソファと可動式のベッド(自動で背中がが起きるタイプ)、洗面、シャワー、トイレ、
テレビ、冷蔵庫、小さなクローゼットがありました。

この時の入院で一番活躍したのが、ペットボトル式の加湿器!
冬で、部屋に暖房をガンガン入れることはわかっていたので、絶対乾燥すると思い、
喉や肌などがやられないように、用意していきました。

1日に何度も水を足さないといけないくらい、やはり部屋は乾燥していたんですね。
入院中ずっと付けっぱなしだったおかげで、乾燥に悩まされることはありませんでした。

もうひとつ、持って行って良かったと思ったのが、
入院のためにわざわざ購入した、ちょっと高級なシャンプーです。

病院には、自由に使えるシャンプーとリンスが
備え付けられているとわかっていましたが、
入院前にはどんなシャンプーかもわかりません。
洗った後、髪がキシキシするようなものだと嫌だなと思い、
お気に入りのお店で、
良い香りのするシャンプーとトリートメントを買って持ち込みました。

入院中はお風呂には入れませんが、シャワーも貴重なリラックスタイム。
好きな香りに包まれたり、髪の毛が良い感じにサラサラになったりすると癒されます。

余計なストレスを感じなくて済んだので、持って行って正解だったなと思いました。




産後は想像以上に心身のダメージが!こんなお助けアイテムで乗り切って!


出産を終えた後は、想像以上にダメージを受けます。
それも、産後1日、2日と・・・
入院中だんだんキツくなっていったりするんですよね。

そんな中、次女の出産入院時、
私が「あったら良かった」と思ったものが2つあるのでご紹介します。

1つは、着圧ソックスです。
長女のときは、妊娠後期にかなり脚がむくんでいたんですが、
次女のときはそれほどでもありませんでした。
だから、普段着圧ソックスを履いておらず、入院にも持って行かなかったのですが、
産後、日が経つごとにどんどんむくんできました。
象のようにパンパンになり、寝ている姿勢も辛かったので、
少しでもマシになるよう、着圧ソックスを用意しておけば良かったと思いました。
(入院後半は、母に頼んで買ってきてもらいました)


もう1つは、ヒーリング音楽です。
入院中、私は夜なかなか眠れませんでした。
体は疲れているし、寝不足なのに。なかなか寝付けなったんです。
後で看護師さんに聞いた話では、産後数日は眠れないという人が多いそうです。
出産という大仕事をして、興奮状態にあるようなんです。
個室でテレビもあるけれど、ずっと見ていると目が疲れるし、
休みたい気持ちはあるから暗くして目は閉じたい。
でも、眠れないから静けさがなんとなく嫌。

そんな状況で、欲しいなと感じたのが、心地良い癒しの音でした。
残念ながら、私のスマホにはそういう類の音楽が全く入っていませんでした。
結構うるさい曲ばかり(苦笑)。
家にCDでは持っていた、安眠用のリラクゼーション音楽を
入れておけば良かったなと思ったのでした。





まとめ

いかがでしたか?
入院中は、とにかく産後の疲れた体を休めることを第一に考えたいものです。
退院したら赤ちゃんに付きっきりの生活が始まります。
貴重な入院の時間を快適に過ごせるよう、先輩ママたちの声を参考に、
持ち物を工夫してみてくださいね。







マザーズバッグ ブランド,マザーズバッグ リュック,お役立ち記事ライター名 / まさよ

誕生日 / 1884年4月生まれ

子供 / 2012.7女、2016.1女

出産方法 / 自然分娩
車 / 利用しない
自転車 / 利用する
幼稚園or保育園 / 保育園
実家との距離 / 40分
SNSFacebook】【Instagram
ブログ】【Twitter

コメントする

名前

URL

コメント

メディア掲載情報

20171月号雑誌   

お役立ちコラム

CiPU マザーズバッグ

 

Official SNS

facebookInstagramlineTwitter

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

CiPUについて

Q&A

企業情報

採用情報

お役立ちコラム

マタニティがより楽しくなる情報

育児がより楽しくなる情報

イベント出店情報

オンラインイベント

メディア掲載等

お知らせ

産後ママのセキララ体験記

CiPUバッグ ご愛用者の声

バッグを選ぶときのポイント

ママが便利な旅行・交通の情報

CiPUの本社・本店・台湾情報

SNS連動企画のご紹介

プレスリリース

ページトップへ