産後ママのセキララ体験記

陣痛はわかる?出産時間は?破水した?十人十色!先輩ママの出産の1日リアルドキュメント!


初めての出産は不安や心配なことが多いですよね。


「陣痛やおしるしって自分で分かるの?」
「破水ってどんなもの?外出先でなったらどうするの?」
「出産時間ってどれくらい?私に耐えられるの?」 など。

いよいよ出産秒読みの段階で知りたいのは、
こんなリアルな内容なのではないでしょうか。
そこで今回は、2児の母である筆者が経験した「初めての出産の流れ」を
赤裸々に書いていきます。








陣痛スタートから入院まで12時間!眠れない夜



私が陣痛を自覚したのは、夜22時過ぎ。
もともと生理痛が軽かったので、陣痛に気づけるのか不安でした。
私の場合、おしるしや破水はなかったので、
やはり最初は少し分かりづらかったです。
でも違和感の間隔が1時間、30分、15分と周期が狭まって、
定期的に痛みがくると、嫌でも分かりました(笑)。

私が通っていた病院では、
「陣痛の間隔が10分以内になったら病院へ電話する」という目安があったので、
スマホのメモ機能に陣痛がきた時間や間隔を記録していました。
そんなことをしていると目が冴えてきて、結局は寝れないまま朝を迎えます。

陣痛が10分間隔になった朝7時頃に、病院へ電話。
もう少し様子をみることになり、8時頃に病院へ。

お正月休みだったので、夫が運転する車で向かいました。
その時は気づいてなかったのですが、朝ごはんを食べ損なっています。
痛みはそこまでキツくなく、普通に会話をしながら行きました。




意外と冷静だった陣痛室、と思いきや!!



10時前に病院へ着いた時、痛みは5分間隔でしたが、
冷静に自分で受け付けできるレベルだったので、陣痛室で待機することに。

定期的にチェックしてもらっている中で、
「今日中に産みたいなら、促進剤を打った方がいいかもしれませんね」
という予想外の言葉をかけられます。

「夫が休みの今日に生まれてきてほしい」
「長い間痛みに耐えるより、さっさと産みたい」
そんな思いがあり、促進剤を使うことを決意しました。

打ってもらった後は、痛みが急にきて、正直あまり覚えていないです。
「痛い痛い」と無意識に言っていたのと、
力強く腰をさすってくれる助産師さんの手がありがたかった記憶はあります。

そんな中、「お昼ご飯食べてから産む感じですね」とまたも衝撃的な言葉が!!
“いやいや、今そんな状況じゃないよ~”と心の中で全否定してた12時前頃、
分娩台へあがることになりました。




いざ出産!!ここでも予想外の出来事が



いよいよ出産も大詰めになり、私は「やっと産める」と安心していました。
少し前まであんなに痛かった陣痛の痛みも感じなくなり、、、
なんと寝てしまいそうになっていました!!

助産師さんが、
「赤ちゃんも頑張ってるから、ママも頑張って!!」
と言ってくれて、いきなり私の口の中にチョコをいれてきました。

貧血で、顔が真っ白だったそうです。
意識がもうろうとしてたのは、徹夜なうえに前の晩から何も食べてなかったから。

後で知ったんですが、中途半端なところで止まると、
赤ちゃんの頭がひっかかって圧迫されたり、身体に影響があったりするそうです。

なんとかそこで気を持ちなして、後は助産師さんの声に合わせ、
いきんだり呼吸したり。
実は途中で会陰切開をしたようですが、全く気づきませんでした。

そして、ついに赤ちゃんが!!

頭が出た後は一気にズルズルーっと何もかも出ていった感じでした。
胎盤がいつ出たのか分からなかったけど、直後だったのかもしれません。
嬉しさと安堵感に包まれたのも束の間、
その後の切ったところを縫う作業が地味に痛くて。
どちらかというと、出産そのものよりもそっちの方がキツかったです。

それでも生まれたばかりの赤ちゃんの顔を見ると、
嬉しさの方が勝るんですけどね。
無事に生まれてきて感謝の気持ちでいっぱいになりました。





まとめ



いかがでしたでしょうか?
心配事は色々あるかもしれませんが、いざその時になれば意外とどうにかなります。
むしろ、付き添いの夫の方がどうしたらいいのか分からない状況に見えました。
自分の感覚を信じ、病院への連絡だけしっかりとして、
あとは経験のある助産師さんへおまかせしちゃいましょう。
それにしても、出産後のごはんと睡眠は嬉しかったです。
「寝れる時に寝ておく、食べれる時に食べておく」
1番大事なのは、そんな基本的な事なのかもしれないと思いました。







出産の不安解消  ライター名 / 日高 理絵(たくりなママ)

誕生日 / 1980年11月生まれ

子供 / 2009.1、2012.5

出産方法 / 自然分娩
車 / 利用しない
自転車 / 利用しない
幼稚園or保育園 / 幼稚園
実家との距離 / 新幹線利用 6時間
SNSブログ】【Facebook
 

コメントする

名前

URL

コメント

メディア掲載情報

20171月号雑誌   

お役立ちコラム

CiPU マザーズバッグ

 

Official SNS

facebookInstagramlineTwitter

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

CiPUについて

Q&A

企業情報

採用情報

お役立ちコラム

マタニティがより楽しくなる情報

育児がより楽しくなる情報

イベント出店情報

オンラインイベント

メディア掲載等

お知らせ

産後ママのセキララ体験記

CiPUバッグ ご愛用者の声

バッグを選ぶときのポイント

ママが便利な旅行・交通の情報

CiPUの本社・本店・台湾情報

SNS連動企画のご紹介

プレスリリース

ページトップへ