産後ママのセキララ体験記

陣痛はわかる?出産時間は?破水した?十人十色!先輩ママの出産の1日リアルドキュメント!


日に日に大きくなっていくお腹を見ていると、「もうすぐ赤ちゃんに会える!」
と思い、待ち遠しくて仕方ありませんよね。
予定日が近づくとやっぱり気になるのが出産の瞬間・・・。
緊張や不安でいっぱいの妊婦さんも多いのではないでしょうか?
今日は自然分娩で出産した私の体験談をご紹介します。








陣痛~入院まで



私が一人目を出産したのは、予定日を1日過ぎた日でした。
その日は朝方6時前にお腹の痛みで目が覚め、
トイレに行くと薄いピンクの出血が少量ありました。
すぐにおしるしだとわかりました。
おしるしと陣痛らしきお腹の痛み、そして予定日も過ぎていたことから、
「いよいよ今日だな!」
と思い、寝ている主人を起こし病院へ行く準備をしてもらいました。

その間私は陣痛の間隔を計測。
本当に不思議なくらい、きっちり10分間隔でお腹が痛くなっていました。

そして、病院に10分間隔で陣痛がきていることを連絡。
陣痛がきたときは歯を食いしばるくらいの痛みではあるものの、
何とか話もできるしまだまだ余裕な感じでした。
初産ということで助産師さんも出産まで時間がかかると思ったのか、
「今来たら時間外の診察になってお金がかかるから
、我慢できるなら8時半になってからおいで~」
と言われ、私も、 「わかりました~」
なんて気軽に答えていました。

7時過ぎ、病院へ行く準備ができたので、
「とりあえず病院の近くまで行って、近くの喫茶店で朝ご飯を食べよう!」
ということで、病院へ向かいました。

自宅から病院まで車で20分ほどなのですが、車の中で陣痛の間隔が5分に狭まり、
喫茶店では座っているのも辛い状態に・・・。
モーニングセットを頼んでもあまりのお腹の痛さで食べられず、喋ることもできず。
結局、8時半まで我慢することができず、8時15分に病院へ駆け込み、
ソファに倒れこんで車いすで分娩室へ運ばれました。




診察なしでいきなり入院!



私が出産した病院は大きな産病院で、分娩室も6部屋あったのですが、
私が車いすで運ばれた時は一部屋しか空いていませんでした。

「部屋が空いててよかったわ~」
と助産師さんが話している横で、真冬でまだ部屋が暖まっていない中、
震えながら出産時のパジャマに着替えたことをよく覚えています。

朝食を食べていないけれど固形物は食べられないことを話すと、
助産師さんがゼリー飲料を用意してくれ、それを食べました。
そして水分をしっかり摂るように言われ、
陣痛が落ち着いている時にポカリを飲んでいました。

立ち会い出産希望だったので主人が横についていてくれましたが、
何をしていいかわからない様子。
痛みがきた時に腰をさすってくれていましたが、
正直腰をさすってもらったところで痛みは和らぎません。
助産師さんに肛門を押さえてもらうことが、陣痛の痛みが和らぐ一番の方法でした。

分娩台に乗った時にはすでに子宮口が8センチ開いていたらしく、
あれよあれよという間に出産の体勢に入りました。

初めての出産だったので知らなかったのですが、
本来はまず診察をしてから分娩室へ移動するそうです。
出産後同じ部屋だったママさんたちに聞いて初めて知りました。
私の場合、病院の待合室で倒れこんでしまったので、そのまま入院となったのです。


仰向けになりいよいよ出産!なのに陣痛が止まる!?



「さあ、赤ちゃんに出てきてもらいましょう!」
ということで仰向けになり、いよいよ赤ちゃんとのご対面!
この痛みともおさらばできる!と思っていたのに、
仰向けになると陣痛が収まった感覚が・・・。

助産師さんが、
「あれ!?陣痛止まった?」
と小声で言っているのも聞こえてしまいました。

「またしばらくあの痛みに耐えないといけないのか・・・」
と途方に暮れましたが、5分もしないうちに再び陣痛が戻ってきました。
あとは赤ちゃんに出てきてもらうだけ!

「頭が出てきたよ!」
と言われてからは早かったです。
つるん!と出てきた感覚がありました。

そして誕生!
産声を聞くと、さっきまでの陣痛もなんのその!
我が子に会えた喜びと感動でいっぱいでした。
初めての出産にも関わらず、陣痛を感じてから4時間というスピード出産になりました。



まとめ


先輩ママさんたちの話を聞いて、
初めてのお産には半日以上は時間がかかるものだと思っていました。

しかし、私のように痛みを感じてから急速にお産に進むケースもあります。
助産師さんには「痛みに対して我慢強いのかな~」と言われました。

「10分間隔の陣痛ならまだまだだろう」とのんきに構えていましたが、
動けるうちに病院の近くまで移動していて本当によかったと思います。

これから出産される方も無理に我慢はせず、余裕をもって病院へ向かってくださいね。







出産の不安解消  ライター名 / 西村 奈津実

誕生日 / 1880年8月生まれ

子供 / 2012.12女、2016.10女

出産方法 / 自然分娩
車 / 利用する
自転車 / 利用する
幼稚園or保育園 / 幼稚園
実家との距離 / 10分
SNSブログ】【Instagram

 

コメントする

名前

URL

コメント

メディア掲載情報

20171月号雑誌   

お役立ちコラム

CiPU マザーズバッグ

 

Official SNS

facebookInstagramlineTwitter

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

CiPUについて

Q&A

企業情報

採用情報

お役立ちコラム

マタニティがより楽しくなる情報

育児がより楽しくなる情報

イベント出店情報

オンラインイベント

メディア掲載等

お知らせ

産後ママのセキララ体験記

CiPUバッグ ご愛用者の声

バッグを選ぶときのポイント

ママが便利な旅行・交通の情報

CiPUの本社・本店・台湾情報

SNS連動企画のご紹介

プレスリリース

ページトップへ